サロン・コンサート2014、そして講演会、総会

♪とてもあたたかい雰囲気の中で…♪

この度はありがたいことにお話をいただきまして、大阪支部主催のサロンコンサートに出演させていただきましたことに感謝申し上げます。
高校、学部の同期で、声楽の阪口楓さんの伴奏者として出演させていただきました。

僕たち二人が一番若い卒業生ということで、大先輩の方々の前での演奏はプレッシャーもありましたが、とてもあたたかい雰囲気の中で、のびのびと楽しく演奏させていただくことが出来ました。

現在、僕は大学院の方で引き続き勉強を続けています。まだまだ勉強中の身ではありますが、音楽家として、日々の練習や研究はもちろんのこと、出来るだけ幅広く様々な活動に、積極的に取り組んで行きたいと思っております。

改めまして、この度は真声会大阪支部の方々には本当にお世話になりました。今後の大阪支部のますますの発展をお祈りしています。

 

平本直規(59 期 pf)

IMG_0602

 


♪少し緊張しましたが…♪

この度はサロンコンサートで演奏する機会を頂き有難うございました。

演奏したバツェヴィチのソナタ第2番は1953年の作品で、弾きこむほどに、ポーランド人の女性作曲者の曲に込めたメッセージが強く感じられ、日本ではまだあまり知られていませんが、もっと演奏されて然るべき名曲だと思っています。

私の拙い演奏で少しでもこの曲の魅力を感じて頂けたなら嬉しいです。
諸先輩方の前での演奏で少し緊張しましたが、終了後、優しい労いの言葉を頂きましたこと、感謝致します。
2部では松本真理子先生の貴重なお話を拝聴し、色々と学ばせて頂きました。有難うございました。

お世話下さった役員の皆様、本当に有難うございました。

 

宮﨑真理子(52 期 pf)

IMG_0607
※宮﨑さんは、第 23 回「ABC新人音楽賞」受賞。今回は、ピアノ部門 53 名、ヴァイオリン部門 30 名が参加、幾度かの審査を経て、残念ながら、来年 2 月の関西フィルとの共演者(1 名)には選ばれませんでしたが、6 月 21 日のピアノ部門最終選考の 3 名に選ばれての受賞となりました ─ 編集部注)

 


♪卒業生の絆をとても強く感じる♪

真声会大阪支部総会のコンサートに出演させて頂きました。

大先輩方を前に凄い緊張感でしたが、卒業後大学から遠ざかっていた私にとって大変嬉しい時間となりました。
ピアニストの西岡さんとも卒業後初めて共演でき、懐かしい気持ちと共に、「京芸」卒業生の絆をとても強く感じる事ができました。

お聴き苦しい点がたくさんある演奏だったと思いますが先輩方は温かく、初めてお会いする方ばかりだったにも関わらず応援して下さっているんだ! と、とても励みになりました。
毎年優秀な後輩達が卒業していく中、自分自身の立ち位置に悩む今日この頃ですが、卒業生として恥ずかしくない行動・演奏をし、まだまだ上を目指して精進していく活力となりました。
お忙しい中たくさんの準備をして下さった大阪支部の皆様、ありがとうございました。
本庄ちひろ(51 期 fl)

IMG_0609

 


♪音楽活動再起動のきっかけに♪

この度は、真声会サロンコンサートに出演させていただき、ありがとうございました。

諸先輩方に見守られての演奏という、いつもとはまた違った緊張感の中、モーツアルト・サロンの素敵な空間で演奏できましたこと、良い経験になりました。
私は 2006 年に京都芸大を卒業してすぐ渡仏し、今年の 2月まで 7 年半ほど日本を離れており、その間、日本での活動を表立って行っておりませんでしたので、こうして日本での音楽活動の再起動のひとつとして演奏させていただきましたこと、嬉しく思っております。
また、フルートの本庄ちひろさんとは、在学時代から何度も共演させていただいた仲で、留学中フランスで培った伴奏、室内楽の経験を生かし、今回再会し共演を果たせたことにも感謝しております。
コンサート後の講演会でのお言葉のように、京芸卒業生として社会に出て恥じないように心がけ、つながりを大切にして、これからも音楽活動にまい進していこうと思います。

西岡仁美(51 期 pf)


♪楽しく、刺激的な時間をご一緒しました♪

真声会大阪支部のコンサート、講演会、そして総会に出席させて頂きました。
シンプルでスタイリッシュな空間「モーツアルト・サロン」にて、若い音楽家達の意欲ある、また既に己の音の世界を持ちつつある演奏に深く魅了されました。続いて同じサロンで松本真理子さんの講演を拝聴しました。

笑いの絶えない一時、しかし、社会的な存在を目指すべき音楽家への重要な教訓でした。
そのあと、「珈琲苑」で総会。一年のまとめや会計、監査報告、出席者の自己紹介と和やかな会話。

尊敬する先輩方、若い力に満ちた後輩達と楽しく、また刺激的な時間をご一緒しました。

同窓ならではの親しみに溢れた一日、お世話になった方々に感謝申し上げます。

松村佳奈(31 期 pf)


♪素敵なひととき、そして意見交換できる貴重な機会に♪

モーツアルト・サロンで開催された同窓生のコンサート、久しぶりに聴かせていただきました。
当日のプログラムはバランスも良く、親しみのわく空間で素敵なひとときを過ごすことができました。

磨かれた技術と真摯に音楽に向かわれる姿勢に心打たれ、これからの活躍が大いに期待できるそれぞれの演奏でした。
また松本真理子様の講演では、ご自身が信念を持って切り開いてこられた様々な音楽活動・教育・社会活動をご披露いただき、これからも音楽を通して更に大きく夢を広げていらっしゃるエネルギーを分けていただいたような気持ちがいたしました。
場所を移して開かれた総会と懇親会では、期を超えて皆様とお話させていただくことができました。

これからも多くの方に参加していただき、意見交換できる貴重な機会に発展させることができればいいのではないでしょうか。
今後の真声会大阪支部の活動を楽しみにしております。
雪原典子(25 期 pf)

 

IMG_0621
(小見出しは編集子が、また「モーツアルト・サロン」は、固有名詞ですので表記を統一しました ─ 編集部)

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA