[Papa Column] 歌い聞かせとは

久しぶりの投稿になります。今回は息子が幼稚園に入学したこともあり、歌い聞かせ(読み聞かせ)の効果に関して調べてみました。いつも思い付きで書き始めるので、テーマに一貫性がなくて申し訳ないです・・・

妻が仕事の稽古のために、家で「はらぺこあおむし」の歌を練習することがあります。楽しく軽快なリズムなので耳に残ります。息子に「水曜日に食べたものなに?」と聞くと、「すもも」と即答します。絵本も寝る前に読んでいますが、音楽がついてた方が覚えやすいのかな~?と感じて、今回調べてみました。

するとちょうど、「はらぺこあおむし」での実験を見つけました[1]。幼児に「はらぺこあおむし」を読み聞かせした場合、歌い聞かせした場合の違いを評価されています。(1)絵本に対する集中力→歌があった方が絵本に集中した。(2)絵本に対する興味・関心→読み聞かせ時は先生や友達とその内容を発言しながら聞いていた、歌い聞かせ時は発言は少ないが、音楽が鳴り出す、曲調が変化する間奏部分でより関心が強まった。(3)印象に残った場面を絵に書いてもらうと→読み聞かせ時は絵本の中の印象的なイラスト(蝶など)が多い、歌い聞かせ時は音楽の流れ始めや曲調が変わった画面を書くケースが増加。(4)物語の内容理解の差異はなし。結論として、同じ絵本でも読み聞かせ・歌い聞かせで幼児の受けるイメージが異なり違った楽しみ方ができること、目的に応じて使い分けること(読み聞かせは幼児間・幼児先生間の合いの手を楽しむ、歌い聞かせはより強く集中して言葉とイメージの結びつき、リズムを楽しんでもらう等)を述べられています。

早期音楽教育が脳にどのような影響があるか、は昔から議論の的になっていますが詳細なところはよくわかりません。しかし、言葉のリズム・イントネーションが音楽のリズムと一致していると歌を覚えやすい[2]、子供は年齢に応じた固有のリズム感をもっていて、それと同調するリズムにより躍動し、違うリズムに面白さを感じながら、他者とその感性を共感して成長する[3]、ということが述べられています。

このように、歌い聞かせは推奨されてはいるもののまだ十分に広まっていないようです。その理由の一つはメロディのある絵本が少ないこと。私は「はらぺこあおむし」しか知りませんでしたが、他にもいくつかあるようです[4][5](私自身は一般的な童謡と歌い聞かせ用の絵本の明確な違いはまだよくわかっていませんが・・・。童謡は物語をかなり省略しているから除外されているのかな?)。二つ目として、歌い聞かせができる人材や研究活動の不足が挙げられそうです。保育園や幼稚園の採用試験では、ピアノ実技は80%程度実施されているのに対して、弾き歌いが30%程度、絵本の読み聞かせは15%程度と思われます[6]。読み聞かせは歴史が古く、各園で教育方針に沿った絵本がすでにリスト化されているのではないでしょうか。一方で、歌い聞かせはまだまだこれから研究が必要な部分で、なおかつ、園の先生方は毎日本当に多忙な日々を過ごされていることと思いますので、音楽教室としてなにかお手伝いできるところがあればいいなと感じました。

 

参考文献

  1. 石田優子, 保育場面における絵本の歌い聞かせの効果, 愛知教育大学卒業研究 (2016).
  2. 村松良衣, 幼児が歌を覚える過程についての一考察 ―幼児の音楽的要素に対する興味を手がかりとして―, 愛知教育大学卒業研究 (2016).
  3. 古市久子, 絵本がもつリズム性がこどもに与える教育的意味, 東邦学誌, 41(1) (2012).
  4. 親子でたのしく歌おう!歌い聞かせにぴったりな、歌つきの絵本, http://ehon-like.com/archives/483
  5. 絵本にメロディがついた♪無料で楽しめる名作歌絵本6選!, https://mamanoko.jp/articles/12148
  6. 衣川久美子, 山﨑和子, 由井敦子, “幼稚園・保育所(園)・小学校の採用試験における 音楽に関する出題傾向 ──総合子ども学科 2011 年~2014 年の求人票の経年分析と就職状況──”, 甲南女子大学研究紀要. 人間科学編, 52 , pp.59 – 78 (2016).

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です